SCHEDULE

TICKET RESERVATION ご予約はこちらから

2023.02.12

SAIKORO 10th YEAR LIVE 「10、」

DATE 2023.02.12(SUN)
ARTIST

おかしなふたり〜奇妙礼太郎×Sundayカミデ

キセル

グッドラックヘイワ

bonobos

PLACE 仙台PIT
OPEN/START OPEN/15 :00 START/15:30
PRICE 前売/一般6,000円/高校生以下 3,000円                               ※全席自由、税込、1ドリンク別、保護者1名につき膝上鑑賞の場合3歳以下無料、4歳以上チケット必要。
TICKET RESERVATION

【チケット先行発売:メール予約+プレイガイド】
※入場順はSAIKOROメール予約→プレイガイドの順になります。
ご予約の際は、各種注意事項等ご確認の上、お申込みをお願いします。

◯SAIKOROメール先行予約:12月4日(日)20:00〜
お名前(フリガナ)・電話番号・枚数(一般、高校生以下 各枚数)を明記の上、
メールにて下記アドレスまでお申込みください。
返信をもって詳細をお知らせいたします。

saikoro10@saikoro7.com

◯プレイガイド先行発売:12月5日(月)10:00〜12月8日(木)23:59
チケットぴあ Pコード:231-436
ローソンチケット Lコード:22749
イープラス

——————————————————————————————

【チケット一般発売:メール予約+プレイガイド】
■受付開始:12月10日(土)10:00〜

◯SAIKOROメール予約
先行販売と同様のご予約方法でお申し込みください。

◯プレイガイド一般発売

チケットぴあ Pコード:231-436
ローソンチケット Lコード:22749
イープラス


■問い合わせ
・SAIKORO :info@saikoro7.com
・EDWARD LIVE:022-266-7555(平日11:00~13:00)

【注意事項】
※本公演は政府ならびに関係諸機関により策定された新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに基づき、感染拡大防止対策を講じて開催いたします。
※感染予防対策につきましては、【ご来場のお客様へのお願い】をご了承いただいた上、チケットをご購入ください。
※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府・自治体等による指示や要請により、やむを得ず公演中止になる場合があります。
※公演が中止となる場合を除き、出演者の変更及びお客様のご事情によるチケットの払い戻しはいたしません。
※入場順は、SAIKOROメール予約→プレイガイドの順になります。メール予約のお客様は、当日、チケットの引換が必要になります。
※全席自由席になります。
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【チケット購入に際して】
※ガイドラインが変更になった際は客席の使用、注意事項を変更させていただく場合がございます。
※基礎疾患をお持ちの方や、妊娠されている方、また該当される方や高齢者と同居されているお客様、少しでも不安に感じる方はご来場をお控え下さい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                   
【メール予約注意事項】         
※返信には数日かかる場合がございます。
※当日は、チケットの整理番号順でのご入場となります。開場後は、順次、ご案内させていただきます。メール予約のお客様は開場30分前よりチケットの引換を行います。
※メールの受信拒否設定をされている場合、メールが届きません。設定の変更をお願いします。
※1週間経ってもメールが届かない場合、再度ご連絡ください。なお、携帯電話のアドレスに返信が届かないことがあります。PCなど別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【以下の事項に該当するお客様につきましては、ご来場をお控え頂きますようお願い致します。】
※会場へのご出発前の検温において37.5℃以上の発熱がある方
※公演当日にのどの痛み、微熱・発熱、咳きこみ、倦怠感、息苦しさ(呼吸困難)等、体調の優れない方
※公演日前10日以内に政府から入国制限ならびに入国後の観察期間を必要とされている国・地域などへの渡航、または当該在住者との濃厚接触があった方
※公演日前10日以内に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた方
※公演日前10日以内に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた方と濃厚接触の疑いがある方
※ご家族や同居人、身近な知人に新型コロナウイルス感染が疑われる方がいらっしゃる方

【ご来場にあたってのお願いと注意事項】
※基礎疾患をお持ちの方や、妊娠されている方、また該当される方や高齢者と同居されているお客様、少しでも不安に感じる方はご来場をお控え下さい。
※ご入場の際にスタッフが非接触タイプの検温器を用いお客様の検温を実施致します。検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合、また検温を拒否される方には、入場をお断りさせて頂きます。その場合のチケットの払い戻しは行いません。
※ご入場の際に手指用のアルコール消毒液を利用頂き、スタッフの目視確認の上、もぎり操作(スマホ操作)はお客様ご自身で行って頂きます。
※必ず不織布のマスクを着用してご来場下さい。ロビー、客席など会場内及び会場周辺でも常時不織布のマスクの着用をお願い致します。
※咳エチケットは、必ずお守り下さい。
※ご入場後に体調を崩された場合は、決して無理をせず速やかにスタッフにお申し出下さい。(症状によりご退場をお願いさせて頂く場合もございます。)
※入退場時や、お手洗いの列などもソーシャルディスタンスを確保するようにして下さい。
また、お客様同士で密集しないようスタッフよりお声がけをさせて頂く場合がございます。
※感染防止の措置や指示に従えない方や安全確保の妨げになると主催者が判断した方、また公演中に感染防止の措置や指示に従えない方や安全防止の妨げになる行為と判断した方は途中退場頂きます。
※開演中に歌う、声援など大きな声を出す行為につきましても一切禁止とさせて頂きます。声援は拍手のみでお願い致します。開演前~開演中~終演後まで会話は極力控え、周りの方にご配慮頂きますようお願い致します。
※会場周辺のご迷惑となり、集まることにより密な空間が発生する恐れがある為、入り待ち出待ち行為は禁止とさせて頂きます。また、お客様同士の集会もお止め下さい。

以上をご了承、ご同意頂けないお客様、周りのお客様のご迷惑となるような行動を取られたお客様は、コンサートの参加をお断りさせて頂く場合もございます。なお、その際には、チケットの払い戻しは致しませんので、あらかじめご了承お願い致します。


公演当日までの情勢によって本案内及び注意事項を変更させて頂く場合がございます。その際には随時、SAIKORO、EDWARD LIVEホームページ、SNS等にてアナウンスをさせて頂きます。皆様一人一人のご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。

おかしなふたり~奇妙礼太郎×Sundayカミデ

奇妙礼太郎とSundayカミデ。
帰る頃には心も身体もほぐれるライブ活動のほか、
ライブ後に「もっと歌ってほしかった」と言われるほどの二人の止まらないMCトークが反響を呼び、2022年にポッドキャスト番組もスタートした。

infomation:lit.link/okashinafutari
Twitter:https://twitter.com/okashina_futari

kimyoreitaro.com
sundaykamide.com

 

 

キセル

辻村豪文と辻村友晴による兄弟ユニット。カセットMTR、リズムボックス、サンプラー、ミュージカル ソウ等を使用しつつ、浮遊感あふれる独自のファンタジックな音楽を展開中。スピードスター在籍時に4枚のフルアルバム、2006年カクバリズム移籍後も「magic hour」「凪」「SUKIMA MUSICS」「明るい幻」「The Blue Hour」など、アルバムと10インチレコードやライブ会場限定のEPなど精力的にリリース。どの作品も多くの音楽好きを唸らす名盤となっており、ロングセラーを続けている。毎年の大型野外フェスへの出演や、フランス・韓国・台湾でのライブ、ジェシ・ハリスとの全国ツアー、そして恒例のワンマンライブをリキッドルームや赤坂ブリッツ、日比谷野音などで行っている。2019年には結成20周年を記念したベスト盤『Kicell’s Best 2008-2019』をリリースし、日比谷野外大音楽堂での3度目のワンマンを成功させた素敵な2人組である。最新作は10インチレコードとデジタルでリリースされた4曲入りEP『寝言の時間』。

nidan-bed.jp

グッドラックヘイワ

2004 年、高校時代の同級生である野村卓史 (key) と伊藤大地 (dr, 口笛 ) によって結成されたインストゥルメンタル・デュオ。ニューオリンズ、R&B、ミニマル、エキゾチック、フュージョン、ストライド・ピアノ、ブレイクビーツの要素をゲーム音楽とポップスの手法でパッチワークした唯一無二のサウンドを展開する。

デュオというコンパクトな編成ながら、爆発的なグルーブで疾走するライブパフォーマンスは高く評価され日本国内のフェスティバルにも多く出演。
2017年には東南アジア最大のジャスフェス「JAKARTA INTERNATIONAL JAVA JAZZ FESTIVAL」に招請された。
現在までに 「GOODLUCKHEIWA」(2006)「Patchwork」(2008)「Thunder」(2009)「Lm」(2018) その他シングルや限定盤をリリース。

goodluckheiwa.galactic-label.jp

bonobos

2001年結成。2015年に蔡忠浩(V,G)小池龍平(G)田中佑司(Key)森本夏子(B)梅本浩亘(D)の5人体制に。蔡の作曲センスと音楽的探究心から生み出される楽曲を、バンドの圧倒的な演奏力と伸びやかなボーカルが奏でることにより、唯一無二のポップ・ミュージックとして国内外のリスナーから高く評価され続けている。結成20年を迎える今なお、バンドが持つ創造力を現在進行形で更新する。2022年11月2日、解散前ラストとなるオリジナルアルバム「.jp」をリリース。

bonobos.jp